2012-05-20 16:14 | カテゴリ:○ POG総合
ジャンル:ギャンブル テーマ:POG
うぉ~!  やりおった~!!

ジェンティルドンナ

府中2400m、馬場の真ん中を堂々と突き抜けて、後続に5馬身差をつけての圧勝!

ビ。。。ビックリした。。。

パドックで気合が入り過ぎでいた感がありましたし、返し馬でリキんでいる様にも見えましたので、
この状態で2400mは不安だなぁ。。。くそぅ。。。
と、歯噛みしてTVを見ていましたが、 結果はド肝抜く圧勝でした。

ゴメン。。。ジェンティルドンナ。。。あまりにも過小評価だった(^^;


とはいえ、今でも基本的にはこんなに長い距離が合うとは思っていないんですが、
桜花賞に引き続き、今回も素晴らしい競馬を実践できたなぁ~と思います。

最初は寝っ転がって。。。いや、横になってリラックスして観戦してたんですが(なんて失礼な!)、
ゲートイン直前までとは打って変わり、
スタートから道中、素晴らしく落ち着いている様に見えたジェンティルドンナ。

序盤で前に壁を造れていたのを見て、
「おおっ?これなら頑張れるんじゃ。。。」 と感じた私、ガバッと跳ね起きましたよ。

前半が59秒を切りかねない程のハイペース(TV発表は59秒1)

これだけ速いペースだと、力及ばずの馬は直線で脱落する一方になりそうでしたから、
温存待機、外目という競馬の出来ていたジェンティルドンナは、完璧に近いものなんじゃないかと感じました。

ものすごく納得の行く競馬だったので、
「川田いい騎乗や! これで完敗なら、もう距離の問題と諦めるしかないわ」
と、こちらも言い訳無し、腹の据わった観戦が出来ました。

更に直線に入ったら、もう興奮は上がる一方。

カメラが馬群の外、馬場の真ん中を通るジェンティルドンナに照準を合わせてくれた時、
すごい勢いで伸びてくる姿を発見。

「ジェンティル伸びてる! これはいける!!」

と、もうヒート・ブレイク状態。

残り200m、後続をあっという間に突き放し、完全な勝利で突き抜けたジェンティルドンナにもう。。。

「強っ!!」

他に言い様がありませんでした。



高速馬場、1000mが59秒台の速いペース、
序盤で前に馬を置き、直線で弾ける事を目指した川田騎手の腰を据えた乗り方、
そして、ジェンティルドンナ自身の道中でのコントロールの利き方、
色んな要素がバッチリ噛み合い、
その結果、桜花賞馬のスピードと切れ味が問答無用で炸裂したという感じでした。


勝ち時計はオークスレコードだったそうですね。


川田騎手も、桜花賞馬に急遽乗り替わりの代打騎乗、桜花賞馬であるにも関わらずの3番人気、
色々なプレッシャーがあったと思いますが、見事に跳ね除けて、
いや、跳ね除けた以上の突き抜けっぷりな騎乗でした。


牝馬2冠達成おめでとうジェンティルドンナ

本当に素晴らしい競馬でした!





にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
にほんブログ村に参加しています☆

FC2競馬ブログランキング


秘密

トラックバックURL
→http://animania0816.blog116.fc2.com/tb.php/447-1fe034e2