2016-02-20 22:23 | カテゴリ:○ POG総合

メジャーエンブレム爆勝ハートレー爆沈の大瀑布級落差から早や1週間。

今週はメインモードの指名馬が出走なしなので、静かな土曜の夜を迎えておりますです。

さて、今週で東京・京都開催も終わり、来週からは中山・阪神の開幕という事なので、
本番前のトライアル開始へ向けて、指名馬のあれやこれやを考えてみたいと思います。

POG的には既に大勢は決したとはいえ、やっぱり指名馬に活躍して欲しいですもんね。


(獲得賞金順)

まずはメジャーエンブレム

年明け初戦のクイーンカップを完璧な内容で締めて、
現在は天栄で次に向けての英気を養っている事と思われます。
現状は、桜花賞へ向けて一点の曇りなし。
本番での焦点は、戦っていない相手関係のみという印象です。

獲るぞクラシック!


次はリオンディーズ

朝日杯制覇からまだ2ヶ月ですが、既に帰厩完了。
次々週の弥生賞で復帰を目指します。
弥生賞は少頭数になる見込みみたいですが、
強敵エアスピネルやマカヒキと当たるみたいですから、力が試される1戦になりそうです。

2000mの距離は新馬で問題なくこなしているので、
見所は、遠征競馬、中山コースでの走り、強敵との対戦、この3つでしょうか。
更なる成長した姿での競馬を見せてくれ!


お次はハートレー

目を疑いたくなる共同通信杯の惨敗からまだ1週間経ってないんですが、
そのたった1週間の間に、重要な情報が矢継ぎ早に入って来ましたね。
まず、一番気になっていた今後の動向ですが、予定通り皐月賞に直行との事。
これが個人的に一番痛かった点です。
まだキャリア3戦の馬に、あの惨敗からクラシック本番へ直行のお達し。。。
他の陣営からしたら、拍手で迎えられそうなローテだと思います。
この発表を見て、少なくとも皐月賞は完全に「無くなった」と思いました。

後、鞍上の情報が短期間の間に二転三転した印象。

(レース後は)皐月賞、ダービーの鞍上は未定

(その直後に)皐月賞はその時に空いている外国人騎手、ダービーはボウマン騎手に声を

(また直後に)皐月賞、ダービーともに戸崎騎手

戸崎騎手で春のクラシックを戦えるのは歓迎ですが、
惨敗からの直行だと、春の2冠は経験積むだけで終わる事になりそうな予感がしてます。
過去に前哨戦惨敗から皐月賞で巻き返した実例は何頭もいるでしょうけど、
その馬たちとハートレーでは、そこに至るまでの積み重ねが違うと思うんですよね。。。

悲観予想とはいえ、基本当たらない自分の予想なんですから、
スコーンと外れてくれると良いんですが(^^;


バティステーニ(骨折療養中)


次はシンハライト

紅梅S後の馬体回復がすこぶる良好だったらしく、
どうやらチューリップ賞に出てきてくれる様で、これは本当にうれしい!
新馬と紅梅Sの2連勝だけで桜花賞に出走しても、まず勝機はゼロ、
参加するだけで終わると思ってましたから。

現時点での牝馬筆頭格・メジャーエンブレムと比較して、経験値が天地の差なのは明らか。
この差を少しでも埋めるためには、最低でもキャリア3戦は必要だと思ってましたので。

モチロン、チューリップ賞も参加するだけではいけないと思ってます。

ここで中身のある競馬が出来てこそ(1着にはこだわってません)、初めて桜を意識できる馬になり、
クラシック獲りの為のゲートインに繋がると思ってますので、

TRとしての余裕は残さないといけないでしょうが、
万全の状態で出てきてくれる事を祈ってます!


シルバーステート(屈腱炎療養中)


プリンシパルスターは本当に残念でした。

2歳時の500万下の為の関東遠征、そこからの連闘、年明け初戦のダート転戦など、
とにかく「う~ん。。。」という使い方が目立っていた馬ですが、
それでも、陣営の「馬は元気」という言葉に期待し、長い目で見守っていたんですが、
前走後のコメントで、爪がボロボロ、背腰に疲れが。。。というのを見て、もう。。。

今までは休養に入っても「早く復帰してくれよ~!」って思ってましたが、
今となってはもう、一切無理はしないで欲しいです。

POG的には完全に終了、春は全休くらいでも良いので、
せめて状態だけは完璧に回復させて、その後に元気な姿で走ってくれれば良いなと思います。


デアリングエッジも現在休養中。

2歳時に決行した2度の関東遠征、これがとにかく残念過ぎるローテでした。
でも、POG的にはフィリーズレビューを意識して指名した馬でしたので、
3歳になってから頭角を現してくれれば。。。と思い、復帰を待っていました。

ですが、放牧の間にどうも一頓挫あったらしく、その治療もあって復帰は後れるっぽいです。
現在は復調気配みたいですので、もしかしたら期間内に戻って来るかもしれませんが、
大きな舞台を目指すには既に無理がありますので、
ここはPOG的にはスッパリと諦め、
慌てず騒がず、この馬に合ったペースで、今後の活躍を祈る事にします。


アグレアーブルは復帰のメドが立ちつつあるようです!

東スポ杯惨敗、その後の鼻出血、長引いた休養と、色々心配続きでしたが、
細心の調教動画見る限り、かなり良い感じのフットワークで、状態良さそうな印象です。

陣営はオークス挑戦に目標を絞り、復帰時期をトライアルに合わせるか、
その前に1戦挟むタイミングにするかで検討中との事ですが、
個人的には、TR前の1戦が絶対に欲しいところです(状態が良いのが前提ですけど)。

2戦1勝のままフローラSに出たとして、仮にそこで出走権を獲れたとしても、
キャリア3戦でオークスを獲りにいくのは、流石にハードル高すぎでしょう。

過去20年位のオークス馬を振り返っても、キャリア5戦~6戦が多く、それ以上もザラ。
逆に、最短キャリアの4戦目がオークスだったのは、カワカミプリンセス1頭。
しかも、そのプリンセスは3戦全勝で挑んでのG1獲りでしたから、
現状のアグレアーブルにその離れ業を望むのはムチャというもの。

ですので、復帰は3月の自己条件、もしくはフラワーCが希望で、
そこからフローラSオークスと歩めれば、現状での理想ローテだと思ってます。


レアファインドは。。。う~ん。。。(^^;

前走は初めてのダート、距離も短かった、調教も良くなかった、って考えると、
次に期待しても良い内容だったのかもしれないんですが、
残念なのは、使っても直ぐに休養に入ってしまう点です。

素人感想ですが、とにかく競馬が上手ではないというのがこの馬の印象。

それだけに、使って競馬に慣れていってくれるのが理想だと思うんですが、
1回使っては直ぐに放牧、また1回使っては直ぐに放牧と、
この流れが続いてますので、また次に使う時は、
完全に最初からやり直し。。。て感じになってしまってる気がするんですよ。

連続して使えないほど、消耗しているようなレース内容には見えないので、
1戦でガタっとくる程体が弱いんでしょうかね。。。
そうなると、競争以前にその辺りがもう根本的に厳しいって事なんでしょうけど。。。





という事で、当面の目標は再来週のチューリップ賞と弥生賞のダブルトライアル!

シンハライトにとってはまたとない経験を積むチャンス!

リオンディーズにとってはクラシック最有力の証明を見せたいところ!

その後は、アグレアーブルの早めの復帰を待つばかりです。





にほんブログ村 競馬ブログ POGへ にほんブログ村に参加しています☆

FC2競馬ブログランキング