2012-07-28 23:40 | カテゴリ:○ POG総合
ジャンル:ギャンブル テーマ:POG



ラトーナがデビュー戦を勝ってくれました~!

まずは新馬勝ちおめでとう、ラトーナ^^


しかし、結果はよかったですが、
その内容は、想像していたよりもずっと厳しい競馬になりました。

そのレース映像がこちら。


◆ 7月28日(土) 札幌 2歳新馬(芝1500m・牝) 勝ち馬 ラトーナ






スタートでポンと出たためか、そのままハナを切る形になり、
道中で巧く息を入れることが出来なかったのか、或いは意図的に抑えなかったのか、
実際のところは解りませんが、
平均して速いラップを刻み続けたため、残り100mを切ってからは脚が上がってしまったので、
ゴール前では、2着ポイントキセキに差されるかと思いました。


正直、「はうっ。。。!」 と、息を呑みましたよ(^^;


このゴール時のシーンを見ると、全く余裕の無い辛勝で、
評判ほどの能力は無いのでは? 或いは、やはり芝では厳しいのでは?という印象もあるのですが、
気になったのは、逃げる形になったラトーナ自身が刻んだラップでした。

JRA発表では、6.9-11.3-11.6-11.9-11.8-12.0-12.8 
勝ち時計は1分30秒2。

レース観戦中は、メチャメチャ飛ばしているという風には見えなかったので、
もう少し中で時計が落とされているのかと思いましたが、
ほぼ直線までひたすら11秒台と、平均して速めのラップを刻み続けていたんですね。

まだまだ余裕のある馬体に見えますし、道中であまり息を入れられなかった展開からも、
(このラップで沈んでいるのならともかく、)
着差ほどに悪い内容ではなかったという見方も出来ると思います。

最後は12.8と、完全に苦しくなってしまっていますが、
2着馬の追撃を抑えた辺り、よく頑張ったと思います。


もう一つ気になったのは、軽快(過ぎる)ラップを刻み続けたラトーナに対し、
先行勢力が意外と絡み続けている点です。

1番人気の逃げ馬が飛ばし気味なら、新馬戦なんですし、
2~3番手がもう少し様子見で控えでも良さそうなものですが、
リベラリストもハッピーチャートも、結構積極的に前へ前へ行こうとしているように見えます。

この形だと、ノリ騎手もペースを巧く緩め難かったのではないでしょうか。

その上で、2着のポイントキセキに直線で的にされる内容だったんですから、
やはり着差よりは能力的に評価して良いのではないかと思うんですよ。

私の場合はラトーナ視点での応援入ってますので、
ちょっと良い方に捕らえ過ぎかもしれませんが(^^;


あと、2着のポイントキセキが強かったなというのも印象に残りました。
さすが皐月賞馬の妹ですね。

ラトーナ以外の先行勢は、5着のリベラリストで1秒4も突き放されているんですから、
先行第2集団にいて、最後まで伸び続けたこの馬の末脚は、1頭だけ違っていたという感じですね。
スイートメドゥーサの相手だったウインドストリームを見た時と同じような感触で、
次は(メンバー次第ですが)圧勝あるかもですね。


強敵相手の初戦・ワンチャンスをモノにしたラトーナの頑張り、
陣営には、今後に活かしてもらいたいです。

結果を出したとはいえ、初戦は能力だけで粘り込んだ内容だった訳ですから、
この次からは、鞍上も含めて、陣営の手腕が大きく作用すると思います。

このレースで負かした馬たちに、次以降で逆転されないように、
この結果を巧く今後の糧にして下さい!



という感じで、初戦はななんとかクリアしてくれたラトーナ

今後の更なる成長を期待しつつ、まずは初戦の頑張りを称えたいと思います!








にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村に参加しています☆

FC2競馬ブログランキング